本文へスキップ






新型コロナウイルス感染症の対応に関するお知らせ

下記の患者様に関しましては、当院では原則として眼科領域の検査・診察等は行えません。

◆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状の
 いずれかがある場合。
◆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が
 ある場合。
※高齢者をはじめ、基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方。
◆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。
※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。


上記のいずれかに該当する方は、当診療所では対応が出来ない為、各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」へご連絡ください。

【帰国者・接触者相談センター】0120-567-747

※なお、患者様ご本人に自覚がない場合でも受診をお断りする場合がございます。感染拡大防止の為、ご了承下さい。

厚生労働省より示されている相談・受診の目安は下記のとおりです。

1. 相談・受診の前に心がけていただきたいこと
 ・発熱などの風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える
 ・発熱などの風邪症状が見られたら、毎日体温を測定して記録しておく

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安
 ・息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠感)高熱等の強い症状の
  いずれかがある場合。
 ・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が
  ある場合。
  ※高齢者をはじめ、基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑
   制剤や抗がん剤などを用いてる方。
 ・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。
  ※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。解熱剤などを飲み
   続けなければならない方も同様です。
以上のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い
 ・帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診する
 ・複数の医療機関を受診することはお控えください
 ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや
  咳エチケット(咳やくしゃみをする際にマスクやティッシュ、ハンカチ
  袖を使って口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。


また当院では新型コロナウイルス感染拡大防止の為、現在様々な対策を講じております。

  1. 入口付近をはじめ院内の複数個所にアルコール消毒液を設置。
    来院の際は受付時に必ず手指の消毒をお願いいたします。
          
  2. 患者様、付添の方を含め、来院される全ての方にのマスク着用をお願いしております。
  3. 院内では以下の対策にて感染拡大防止への予防を行っております。
    ・待合室では一席以上間隔を空けてお座りください。
    ・待合室空間のウイルス対策として窓を開放、換気扇を稼働し換気して
     おります。
    混雑状況によっては車でお待ちいただくようお願いする場合が
     ございます。
    ・院内で運営している送迎バスは乗客定員を最大9名までとさせて
     いただきます。また一席以上間隔を空けてお座りください。
    医師、スタッフの検温を毎朝行っております。
    会計窓口にて飛沫対策としてビニール衝立を設置。


    ご来院いただく皆様に、安心してお越しいただけるようスタッフ一同、感染予防に努めております。
    皆様のご理解とご協力の程、何卒よろしくお願い致します。